日本エネルギー環境教育学会 第14回全国大会での発表

日本エネルギー環境教育学会 第14回全国大会が,2019年8月5日〜7日の日程で高知工科大学 永国寺キャンパスで開催されました。沖縄からは,次の4件の発表がありました。

  • 「討論型ゲームを活用した高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する授業実践」波照間生子(沖縄県立球陽中学校),勝連奈央(琉球大学),相川智彦(西原町立西原中学校),渡邉正俊(北中城村立北中城中学校),濱田栄作,清水洋一(琉球大学)
  • 「熱エネルギーの教材開発に関する実践的研究-自転車発電機及び熱電変換実験器を用いた授業実践-」後明均(恩納村立安冨祖中学校),清水洋一(琉球大学)
  • 「プログラミング教材BBC micro:bitを利用したエネルギー変換教材の開発-教員養成における科学教室ブース運営を通した協働学習-」岡本牧子,清水洋一(琉球大学)
  • 「メディアにおけるSI接頭語の取り扱いとその理解度について」濱田栄作,恩川日向子(琉球大学)