沖縄県の環境や産業を活かしたユニークな発電施設や取り組みについて紹介する電気エネルギーマップです。エネルギーマップには,女子学生の「まい」と「ななほ」,キャラクターの「えねじぃ」が登場します。
登場する発電所は一般的なメガソーラー発電に加え,沖縄の特色ある発電所として,台風時の強風を避けることができる可倒式風力発電,温かい表層海水と冷たい深層海水の温度差を利用する海洋温度差発電,サトウキビの搾りかす(バガス)を燃料とするバガス発電,上部調整池に海水を汲み上げ,海面との落差を利用する海水揚水発電(2016年7月に廃止)です。さらに,再生可能エネルギーの課題を提起し,各エネルギー源を単体としてではなく,島全体のエネルギーとしてとらえることができるように,宮古島市が取り組んでいる「エコアイランド宮古島」も紹介し,天候による電力変動を抑える技術的課題として「蓄電」も取り上げて います。

こちらからダウンロードできます。両面印刷すると見開きのリーフレットになります。

(感想やコメントをお聞かせください。今後の教材づくりの参考にさせていただきます)