発電量が天候に左右されてしまう太陽光発電や風力発電の課題に対する解決策として,蓄電池の利用があります。小学校第六学年理科「電気の利用」では,手回し発電機による発電とコンデンサーによる蓄電が登場します。そこで,蓄電と発電,蓄電した電気の利用を理解できる教材「コンデンサーカー」を安価な部品を用いて製作しました(約 500円/台)。

作り方は,こちらからダウンロードできます。

(感想やコメントをお聞かせください。今後の教材づくりの参考にさせていただきます)